淋病性口内炎の場合にはstd検査をしよう

淋病は男性に最も多い性病の一つであり、原因菌である淋菌自体は乾燥や寒さに弱くすぐ死滅してしまうほど弱い菌であり体温くらいの熱がないと生きられないため性行為によって感染することが多く、また感染力が強い性病でもあります。

男性は黄色がかった白い膿が出たり、排尿の際に激痛を伴うので感染に気づきやすいですが、女性は感染してすぐに症状が出ず気づかないことが多いせいか悪化しやすいと言われています。
潜伏期間を過ぎて女性が発症した場合には非常に強い痛みを伴うと言われており、そのまま放置することで子宮外妊娠や不妊症の原因になったりもします。

また、淋病は喉にも感染することがあります。
最近では、性行為を介して感染するのではなく、性風俗のオーラルセックスのサービスによって男性の尿道に感染したり、あるいは男性の尿道から女性の喉へと感染することもあり、気づかないうちにパートナーにも感染させている可能性もあるので注意が必要と言えます。

また、最近では淋病に感染したことによって口内炎ができる淋病性口内炎も増えています。

喉に感染した場合は喉単独のみの淋病感染である場合が多いですが、希に尿道と喉をあわせて感染しているケースもあるようです。

淋病性口内炎に感染した場合には、もちろん泌尿器科や性病科に行くのでも良いのですが、いきなり病院へ行くのには抵抗があるという人はstd検査キットを購入して調べるのも良いでしょう。

std検査キットはネット通販などでも購入でき、様々な種類があります。
単独検査のものから、クラミジアと同時に検査できるものまであり、特にクラミジアは淋病と同じく喉にも感染する性病であるため、std検査キットはうがい液によって検査できるものもあります。

うがい液で検査するので菌が採取しやすいのと、広範囲から採取できるので検出率も高いのがメリットであり、病院に行く前にとりあえず検査してみたいという人におすすめです。